伊江牛の魅力

伊江島には伊江ビーチがあり、マリンレジャーを楽しむことができます。断崖絶壁の波打ち際から真水が湧き出る湧出(ワジー)。戦争中の自然壕であったアハシャガマなど見どころが多い島ですが、忘れてはいけないのがグルメです。島のハーブやピーナッツを食べて育つ合鴨。〆の唐揚げや島らっきょう天ぷらなど様々なグルメが楽しむことができます。その中でも伊江牛は一押しです。

先に示したように、おきなわ和牛は全国各地の銘柄牛の素牛として出荷されています。伊江牛もその一つであり、それは今も変わっていません。成牛もブランド牛として人気が高まってはいますが、素牛としての出荷が多いのは変わっていないのです。そのため成牛は出荷数が少なく、貴重といえます。ブランド牛というと霜降り肉であり、脂を楽しむものが多いのですが、伊江牛は赤身が絶品です。焼肉やステーキだけでなく、刺身やタコライスとしても提供されていますので、高級牛としてだけではなくそれぞれの味を手軽に楽しむことができるのも魅力の一つとなっています。

おきなわ和牛の特徴として脂の甘さが挙げられます。これは冬場の餌として与えられるさとうきびの葉が影響しているといわれています。本島南部では都市化が進みさとうきび畑が減少していますので、より伊江牛の価値は高まっているのです。

関連HP⇒⇒⇒沖縄離島の特産品なら|離島のいいもの沖縄セレクション
伊江牛を扱っているサイトです。

Comments are closed.